--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-06(Sat)

マツモトのおさわり

こんばんわ、マツモトです(o´ω`o)ゞ



こないだTVで痴漢がつかまる瞬間が放映されてました。
え?いや、ちゃうちゃう、マツモトじゃないですよ!ったく。
しかし何で痴漢とかするんでしょうねぇ~
女の子が目の前にいたとして、触ろうと思ったら相当度胸がいると思うんですよ。
その度胸をなぜ他に使わない!

たとえばよ?
その度胸でその女の子に「触ってもいいですか?」って聞いてみるべきよね?



マツモト 「あの、ちょっとよろしいですか?」

女の子 「え?はい、なんですか?」

マツモト 「もしよろしければ、ちょっと触ってもよろしいでしょうか?」

女の子 「は?え?なに、やだ、気持ち悪い」

マツモト 「はっはっはっ、たしかにあなたの目には今
       私が気持ち悪く映っているかもしれない。
       だが、それがゼロか100で言うとどうなるだろう?」


女の子 「100です。100きもい。」

マツモト 「そう、100だね。でも?それが一体何だというんだい?
       そもそもゼロか100って何なんだい?」


女の子 「あなたが言ったんでしょ?ていうか何なんですか?警察呼びますよ?」

マツモト 「なるほど、それもいいでしょう。ただ、私がその警察官かも知れないですよ?」

女の子 「違いますよね。」

マツモト 「違いますよね。そりゃ違いますよね。
       でも?私の家が警察署から結構近いとしたら?」


女の子 「関係ないですよね。」

マツモト 「そう、関係ないですよね。うん、まったく関係ない。 
       やはり私が思ったとおり、あなたは素晴らしい頭脳の持ち主のようだ。
       そんなあなたにこんなことを言うのも気が引けるのだが・・・」


女の子 「何ですか?」

マツモト 「ちょっと触ってもよろし・・・」

女の子 「いやです。」

マツモト 「なんなん!?なんであかんの!?減るもんじゃないやん!」

女の子 「それじゃ、減らないからってあなたを殴ってもいいですか?」

マツモト 「あ、いや、それは痛いので・・・」

女の子 「ですよね?減る減らないじゃなくて、いやかどうかなんです。」

マツモト 「じゃぁどうしたら触らせてくれるんですか!!!」

女の子 「100万円くれたらいいですよ」

マツモト 「・・・分かりました」





100万円で触れるようです(´・ω・`)b





・・・RSのブログなのに訳わからん記事になりましたが、今日は以上です!





今日の格言

たまにこういう記事が書きたくなるのです

テーマ : RED STONE
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

www

マツモトさんのこうゆー脱線記事結構好きですw

私にもマツモトさんのようなユーモアのセンスや文才があれば、、、

No title

そんな・・・
100万払えば触れるなんて///
ってことはリトルさんのええちちも・・・///
快楽のイベント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
ファン投票
面白いと感じたら投票お願いします
(o´ω`o)ゞ
ランキング
  • [ジャンルランキング]
    オンラインゲーム
    1263位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    レッドストーン
    30位
    アクセスランキングを見る>>

    たまに押してね↓
    にほんブログ村 ゲームブログ RED STONEへ
    にほんブログ村
    たまに押してね↓
    レッドストーン・ブログ
    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    攻略情報
    うそがあるかも知れません
    リンク
    こるおね家の人々(しばしお休み)
    公式ブログパーツ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    公式HP
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。